2018年01月13日

九龍迷宮街区レビューその2


最近、九龍迷宮街区についての検索で僕のブログにいらっしゃる方が増えているようです。
大分前にイメージというかフィールドについての印象的なものを書いているのですが…
敢えて攻略法みたいなことは書きませんでした。

まぁ、ぶっちゃけてしまえば、自己流の塊である僕のアドバイスなんてものはあまり役に立たないかな…と(^^;
考えていたのです。
が、せっかく僕のブログまで来ていただけたなら少しくらいは役に立ちましょう!…てことで(^_-)

今回は迷宮街区をより楽しんで頂く為のポイントと遊ぶうえでの技術と装備についても触れてみたいと思います。

☆インドアフィールドと一般的アウトドアの違い
最近はインドアフィールドも大分増えているのでフィールドによってスタイルも特長も様々ですよね。F2プラントの様に野戦装備で全然問題無いような所や、屋根が低いうえにバリケードや壁ばかりで見通しが悪い所等々、場所ごとに合った装備は違ったりします。まぁ、アウトドアでも同じだろ!って言われたらそれまでなんですがw
ただ、僕の経験上、1つだけ確信していることがあります。それは…
「アウトドアの技術はあまりインドアでは役に立たない」
「インドアの技術はアウトドアでも役に立つ」
ということです。そんな訳でインドアにおいて最も精神的に痛い目をみるのが、アウトドア経験豊富でインドア初挑戦の方です。特に迷宮街区においてはその傾向が顕著です。先ず覚えておいて欲しいのがこの点です。
初挑戦の方でタクトレ等の経験や勉強をした事がないという前提で書きますが、やたらと入り組んだ知らない場所で索敵をしながら進まなければならず、暗い場所や身動きもし難く、通路が狭くて逃げ場が少ないのです。一般的な野戦フィールドの技術はほぼ役に立ちません。せいぜい都合の良い場所を見つけて待ち伏せをかけるくらいが精一杯ではないでしょうか?それではインドアを楽しんだとは言えないのではないでしょうか?
☆インドアを楽しむ為の装備
では、そんな面倒な場所wを楽しむ為の最低限の装備を提案させて頂きます。
1.ハンドガン
迷宮街区はせいぜい30mも飛べば十分な広さです。
さらに狭い場所を動きまわるならハンドガンの方が楽です。GBBでも電動でも良いでしょう。欲を言えばライトついていれば最適です。野戦ではあまり使わないという方もせっかくなので使ってみると良いと思います(^_-)
2ライト
先程も書きましたがハンドガンや銃本体に付くのが最適ですが、一般的なハンドライトでも大丈夫です。ただ、モーメンタリー機能が付いたスイッチのライトでないとちょっと使いにくいかもしれません。
3フルフェイスゴーグルとグローブ
どうしても近距離での撃ち合いになりがちです。
少しでもケガのリスクは下げておきたいですよね(^_-)

これだけです( ̄∀ ̄)
あとはせいぜい黒っぽい方が暗い場所で有利なくらいかな…という感じです。

☆索敵と前進に必要な技術
先に書いておきますが、僕はクイックピークには否定的です。
先ず大事なことは前後左右の注意に加え上下も注意します。そして進む時にどこからなら自分を狙えるか考えながら動きましょう。敵が居るのはそういう場所です。先に自分が見つけられるなら倒せます。
ですから、「相手に見つからないように相手を見つける技術」か必要です。ただ、上記のことを覚えておいて移動の際に意識しながら動くだけでも大分違ってきます。

こんな感じですね。
特に大事なのが最後の技術の部分です。
これを意識出来ると迷宮街区の面白さが理解出来ます。細かいことを書けばキリがないのです(^^;
ドア、曲がり角、暗所、隙間…あらゆる所から相手は狙ってきます。

楽しんでみてください(*´ω`*)
  

Posted by マタギのマツ  at 11:43Comments(0)

2018年01月10日

G17 GBB co2仕様 マガジン変更と各社マガジンのレビュー


今年初めてのブログになります。
今年もぼちぼち上げていきますので読者の方よろしくお願いしますm(__)m

さて、今回はG17のマガジンの変更です。
年末から今日まで2種のco2マガジンを試しました。
1つは初挑戦のKJW。もう1つは以前、諸々の事情で断念したBELLです。

右からBELL、KJW、APSです。
そもそも、何故にマガジン変更なのかと言いますと、APSのマガジンの性能には満足しているのですが、G17にはどうしてもマガジンバンパーの無いフラットなマガジンを使いたかった…要は私的なビジュアル的好みの問題と、APSマガジンの唯一の弱点と言える底蓋のOリングの摩耗の多発が原因でした。
Oリングの摩耗は消耗品なのである程度仕方ないのですが、多数のマガジンを所有すれば負担も馬鹿にならないので、G19用に2本を残しG17は別のフラットなマガジンを使うことにしたのです。
また、APSのマガジンにフラットなものが見当たらない(以前は見かけたような気がするのですが…)のも別のマガジンを探す要因の1つになりました。

ではどこが候補になるかというと、耐久性に問題があったWEを除くとKJWかBELLということになりました。

で、先ずKJWのを購入し試しました。
結論から言えば…ダメでした_(-ω-`_)⌒)_
マガジンがダメという訳ではなく、ハッキリ言ってしまえばKJWの狙いと僕のG17が合わないという感じです。KJWマガジンの特長はバルブが重い割にパワーが出ない(出してない)ということに尽きます。まぁ、僕のG17が動かない訳ではないのですが、軽いスライドと軽めのスプリングで快調に動かすのに適しているようです。これに関しては今度KJW用に準備して別のグロックで適正化を試す予定です。

で、BELLマガジンです。こちらは現状の仕様でバッチリでした(*´ω`*)初速も問題無く基本的に仕様変更は必要無いようです。BSPのローディングノズルがいかに優れているかを改めて感じました。

では、先程書いたようにKJWは置いておいて、APSとBELLの違いを書いておきたいと思います。先ず連射に対する安定性能はAPSの方が優ります。やはりガス室を大きく取る為、連射による冷えにもかなり強いです。BELLが悪い訳ではないのですが、ある程度連射すると動きにムラが出ます。致命的ではありませんが、比較すると差が出ます。ただ、マガジン自体の耐久性は以前の経験にはなりますがBELLマガジンの方が優ります。ただ…

今回テスト中にノッカーが割れました…(^^;
バルブの重さに起因するのか、単純に消耗していたのかはわかりませんが、APSマガジンよりバルブが若干ですが重い可能性があります。そうだとすると本体にかける負担は増える可能性があります。
今後もテストは続けますので、また報告させて頂きます。

皆さんの参考になれば幸いです(*´ω`*)

20180113
追伸
ノッカーを変更後、何故かバルブを作動させられなくなりました(^^;
同じハンマースプリングを使っているG19でも無理な為、事実上ハンマースプリングが弱いと判断してます。その為、強めのスプリングを発注しました。
何故1度目が普通に動いたのか…
疑問が残りますが対策を進めていきます(^_-)  

Posted by マタギのマツ  at 23:55Comments(0)

2017年12月28日

WE G19 GBB co2仕様 実戦装備実装と実射結果


XC1とガーダーのグリップスペーサーを装備しました。

マガジンが特長ある感じになりました。

G17との比較です。グリップはG17の方が薄く私的にはこちらが好みです。バンパーが付いたマガジンはG19の方が似合う気がします。XC1は取り付けが面倒で光量は少なめですが、スイッチはX300より使いやすい気がします。
サイズ的にもハイキャパの5.1と4.3の関係に近いかな…と。

んでもって、メイプルリーフのバレルとパッキンを装備したG19の実射結果です。
1マグの結果は…直径6cmの自作の的に約5mで打ち込みましたが、3発を除き的の左下の方に集まりました。的の下にある1つの弾痕は狙点をチェックする為の初弾のモノです。
結果として、メイプルリーフのバレルとパッキンは有りかな…と考えます(*´ω`*)

取り敢えず、破損部品が出るまでこの仕様で使っていく予定です(^_-)
  

Posted by マタギのマツ  at 19:22Comments(0)

2017年12月25日

WE G19 GBB co2 最適化完了


G19のインドアゲーム及び規制遵守のパワー調整と弾道の検査が完了しました。

ここまで行った作業は本体のすり合わせとハンマー周りのすり合わせとハンマースプリングの交換、バレルとチャンバーパッキンの社外品に交換。



バレルとパッキンはメイプルリーフ製です。
ハンマースプリングはBSP用です。

ハンマースプリングは純正品だとco2マガジンの作動が安定しません。
バレルは迂闊に短くすると弾道がおかしくなります。純正バレルを切って試した結果です(^^;

知識と経験のある方でしたら初速調整は簡単に出来るでしょう。簡単過ぎるので未熟な方が迂闊に試さないように公開はしません。
また、この初速調整を出来ないとスライドの作動も完全にはなりません。
その辺りをきちんと理解出来てco2化に興味のある方にはある意味で最適な選択と言えるかもしれません。

理由として、
銃本体が安価
劣化対策済みのメタルスライドが使用されている
基本的にマルイコピーの為、破損部品を強化部品に容易に交換出来る
法定初速にするのが簡単で交換部品が少ないうえに取得が楽で安価

良かったら試してみて下さい。
それでは(^_-)
  

Posted by マタギのマツ  at 18:33Comments(0)

2017年12月22日

WE G19 GBB co2化


G17をco2化した後で色々と話を聞き次にco2化する候補を2つに絞っていました。
1つは1911系の薄いマガジンのGBBをなんとかするという件。もう1つはG19を実用化するという案。
1911系はバトンから販売されましたが、やはりマルイベースでやりたいという声が多くこれを実用化すれば1911系ファンのストレスを解放出来るだろう…と。思ってたら、先日、同じ悩みをもったハタさんと立川G.AREAで色々と僕の見解とプランをお話しところ、1週間後にそれを実施して実用化するというスピード対応をされてしまい、1911はもう良いかな…と(^^;

前置きが長くなりましたが、WEのG19です。
G19は最近やたらと需要があるのに動かない…という話ばかりなのでやってやるか!…と。
ついでにメーカー純正メタルスライドの耐久性向上とco2化の技術力向上が目的です。
んでもって…

前評判通り渋い動きのG19を分解してチェック。
全体的にバリが多いのと当初なかったはずのコッキングインジケーター機能の付与でダメな動きを助長している感じでした。
スライドとアウターバレルは思ってたよりスムーズに動きました。
そして1番悪さをしていたのが…リコイルスプリングガイド。動き渋過ぎ(^^;
が、それ以上にがっかりしたのが…

バッファーがメタルスライドの弱点に実装されていたこと_(-ω-`_)⌒)_
事実上これがあることでメタルスライドの弱点は無くなると思われ、すでに1つの目的がなくなったとも言える衝撃でした_(-ω-`_)⌒)_

んでもって、すり合わせとブラッシュアップを繰り返した結果が

この状態です。
現在の初速が…

野戦装備仕様には良いかもしれませんが…
ここまでにするのに約5時間。
ハッキリ言って楽勝の部類です。
なので、敢えてco2化の部分の工程と詳細は公開しません。
理由として、個体差により初速がオーバーする可能性があることと、現状としてスライド以外の耐久性はこれからのテストで確認していく為です。
前持って預言するなら…スプリングガイドのプラ部品、ハンマーユニット、ローディングノズル辺りかな?(^^;

今までのG17の苦労を考えると、これはかなり楽でした。他の会社の製品はわかりませんが、スライドにバッファーが装備してあればチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか?

それじゃ、また(^_-)  

Posted by マタギのマツ  at 07:36Comments(0)

2017年12月18日

マルゼンMP5k GBB 発光サプレッサー取り付け調整


サプレッサーの取り付け部が段差で角度が付いてしまい弾道が安定しないことがある為、取り付け部を加工してみることにしました(^_-)

画像の〇の部分2ヶ所がサプレッサーの後端が当たってしまいます。しかも、上下で段の高さが違う為ブローバックの振動でズレたりして弾道が変わってしまうのです。


そこで、家にあった1.5mmほどのアルミの棒を曲げてスペーサーにしました(*´ω`*)

上下の段差に隙間が出来たのがわかるでしょうか?

弾道も変化しなくなり取り付けも安定しました(^_-)
これで安心して暴れてやれます( ̄∀ ̄)  

Posted by マタギのマツ  at 11:49Comments(0)

2017年11月28日

G17 co2 外装変更の顛末及びアンクルSPっぽいカスタムw


評判が悪くなかったのでガーダーのCNCスライドを採用、アウターバレルも黒いのを新調してすり合わせと調整してみました。
すり合わせ自体は楽でした。ただ、予想外の場所にストレスがかかっていました。最もストレスがかかっていたのは…スライド先端部のシャーシとの接触部でした。グロックはそのシステム上スライドが戻る際に後部が上に上がる為反動で先端部が強く接触、抵抗となっていました。削って磨くことで解消出来ますが…プライム製スライドはこれが無いのです(^^;流石はプライム(*´ω`*)

でもって、しばらく後述する仕様の実射調整をしていたところ…割れました(^^;
調整の問題では無い部分です(^^;
先端部、リコイルスプリングガイドがはまる穴を中心にクラックが入り、あっさり粉砕しました(^^;
マルイグロックのスライドに共通する弱点です。
ガーダースライドはアルミの強度に頼り、構造的な強化はしていないということになります(^^;
いかにプライムスライドが優れているかを証明する検証になってしまいました(´・×・`)

ンでもって同時進行していたカービン化計画です。
僕ら世代やもうちょっと上の方には覚えのあるアンクルSP。そんな感じでやってみましたw
サプレッサーの意味は…気分です(`▽´)
マウントは固定しません。ある程度しっかりはまるのと、やっぱりその場で組み立て分解が出来ないとねぇ(*´ω`*)
ただ、そのままだと反動でズレるのでライトマウント部を握ることで固定します。
ストックとの併用で安定感が体感出来ます。
そのうち戦場に投入します(*´ω`*)

今回の試行により、グロックはしばらく安定運用を重視して使用していくことにしました。
しばらくは目立った改修はしません。
短期間でアルミスライドを破壊出来る能力を持った銃です。満足です。

それでは、また(^_^)ノ  

Posted by マタギのマツ  at 19:00Comments(2)

2017年11月13日

ファルコントーイ・ルガーP08 タニオアクション・フィクスドガス


先日、G・AREAの常連さんとこの銃の話がでまして、不調だったのを改修してみました。
因みにタニオアクションとはGBBのようにトリガーに連動してリコイルアクションを起こすシステムです。GBBが実銃同様にガス圧で動くのに対してタニオアクションは物理的にトリガーに連動して動きます。ですから、トリガーの引きしろ分しか動きません(^^;

このルガーのトグルもここまでしか上がりませんw
ぴょこぴょこ動く様は可愛いですよ(^_-)
とはいえ、マルシンM60同様に90年前後に発売されたふる〜~~いフィクスドガス銃ですからトリガーは重いです(^^;当然HOPは付いてません。

初速はこんなもんです。
マルシンM60と同様の使い方になるでしょう(^_-)

それでは、また(^_-)  

Posted by マタギのマツ  at 11:43Comments(0)

2017年11月10日

マルゼン MP5k GBB ドットサイト変更 その他


ようやく2本目の予備ショートマグを手に入れました(*´ω`*)
これでインドア戦で弾切れを心配せずに戦えます。

里子に出したAKに搭載していたハイマウントのT1をローマウントのT1と交換しました。
近距離ですが、サイトの調整を行いながらUZIとの違いを痛感しました(*´ω`*)


僕の認識としてはUZIは「戦う銃」MP5は「狙って倒す銃」なんですよね。
UZIは身体と慣れで当てる為アイアンサイトのみで気にならないのですが、MP5はしっかりサイトを合わせておかないと安心出来ないんです(^_-)
マルゼンMP5kは冬場でも信頼出来る銃です。
楽しみですね(*´ω`*)  

Posted by マタギのマツ  at 07:45Comments(0)

2017年11月06日

G17 co2仕様 ハウジング交換


最近、数名の方からお問い合わせ頂いていたハウジングとバトンノズルの件に応対する為に分解整備したところ、僕のマルイハウジングに深刻なクラックを発見しました(^^;
様子を見ながら作動テストをすると…割れましたw

そんな訳でバトンハウジングを試すことにしました。

取り付ける前の画像が無くてすいませんm(__)m
感想としては、当然と言えば当然なのですが、マルイハウジングより遊びがなくしっかりした感じになる反面、ちょっときつい感じがしたのでハウジングの内側(ノズルとの接触側)をペーパー掛けしてよりスムーズに動くようにしました。プライムのスライドには問題なく装着出来ました。
作動自体には大きな差は無いような気がしました。
むしろ問題なのは…

マルイハウジングにはあったスライドの最後端が付いていないことです。

これはちょっと…
今後対策を考えなくては…

外観気にしなければバトンハウジングおすすめです(^_-)
  

Posted by マタギのマツ  at 11:40Comments(0)